SMM-200C

新製品

固定装置用粗動マニピュレーター

SMMシリーズ新ラインアップ Z軸粗動のマニピュレーター

脳の外側の操作に重点を置いた、固定装置用の粗動マニピュレーターです。 ハンドル一回転約4mmのZ軸は、ブレグマ・ラムダの高さを合わせる作業や脳表からの退避・復帰作業を素早く行うことができ、実験効率を上げられます。脳内の操作は電動一軸マイクロマニピュレーター(MDS-1)や液圧マニピュレーターを用います。X軸にはZ軸と同様の粗動ハンドルを搭載し、AP方向(Y軸)には微動ハンドルを搭載しています。また、SMM-200CはAP/MLの2方向同時傾斜が可能です。

SMM-200C

※最小100µmとなっているため、微動器(MDS-1など)との併用を推奨いたします。


SMM-200C

新製品

固定装置用粗動マニピュレーター

SMM-200C + SMM-A + MDS-1 + IMS-30

※脳定位固定装置、GM-4MDS-1SMM-HA、シリコンプローブは製品には含まれません。


SMM-200C

新製品

固定装置用粗動マニピュレーター

SMM-A 使用例

ML方向へ傾斜する際は、SMM-Aの使用がお薦めです

SMM-100C/200CをML方向へ傾けると、ホルダー先端(針先)がマウス頭部付近から大きく外れてしまうことがあります。SMM-A は本体の横にホルダーを付けられるようになっており、X軸を操作することなくホルダー位置を調整することができます。そのため、X軸の駆動距離を保ったまま、マウス頭部付近へホルダー先端(針先)を合わせることができます。

SMM-200C + SMM-A + MDS-1 + IMS-30

※SMM-200CにMDS-1IMS-30SMM-Aを介して取り付けた様子です。



SMM-200C

新製品

固定装置用粗動マニピュレーター

SMMシリーズ比較表

SMMシリーズ SMM-100 SMM-200 SMM-100C SMM-200C
傾斜方向 1方向(AP or ML)
切替可能
2方向(AP & ML)
同時使用可能
1方向(AP or ML)
切替可能
2方向(AP & ML)
同時使用可能
X・Z軸 微動 微動 粗動 粗動
Y軸 微動 微動 微動 微動

SMM-100C、SMM-200C のX軸もしくはZ軸を微動に変更したい場合はご相談ください。

ホルダー用アクセサリー

型式 SMM-A SMM-HA SMM-HB SMM-HC SMM-HD SMM-HE
品名 アタッチメント シリコンプローブ用
ホルダー
シリコンプローブ用
ホルダー
カニューレ
ホルダー
マルチユーズ
ホルダー
マルチユーズ
ホルダー

仕様

付属品 レンチ(2mm、2.5mm)
SMM専用電極ホルダー(アタッチメント、ネジ付き)
アース用ネジ
アース用ワッシャー(スプリングワッシャ―、平ワッシャー)
駆動距離 X・Z軸 80mm
ハンドル1回転 4.2mm
最小目盛 100µm(副尺)
Y軸 20mm
ハンドル1回転 1mm
最小目盛 10µm
寸法・質量 W85 × D162 × H286mm、2.0kg