SR-10AR

頭部固定装置(ラット/慢性用)

ラット慢性・行動実験用の頭部固定装置。

SR系に取り付けられる、ラット慢性実験用の頭部固定装置です。準備(チャンバー取付け作業)、訓練(行動課題学習)、記録(行動・生理学実験など)の各過程において作業がしやすくなるようにチャンバーおよびチャンバー固定部のパーツの形状を全面的に再設計しました。今まで脳定位固定装置をお使いになられていた方から、これから慢性・行動実験を始める方まで、幅広い研究者を対象としており、個別のご要望にも特注にて対応可能です。

SR-10AR

※こちらの製品は、既に脳定位固定装置をお持ちの方向けの製品となります。ベースプレートをお持ちでない方は SR-10R-HT をお求めください。

※マウス慢性実験用に開発された SR-9AM もご用意しております。

※口鼻固定部を CA-6 に付け替えることで、コモンマーモセット用としてお使いいただけます。

※チャンバーフレームの形状は、ご要望に応じて特注対応が可能です。詳しくはお問い合わせください。


SR-10AR


頭部固定装置(ラット/慢性用)


チャンバーフレームをラットの頭部に接着し、これを固定することにより、無麻酔状態で繰り返し定位に固定することが可能となります。チャンバーフレーム取り付け後は、麻酔をかける必要がなく、イヤバーや口鼻抑え金具を使わずに定位固定ができるため、視覚実験や聴覚実験に用いることも可能です。

仕様

付属品 ラット用イヤバー(EB-3A
ラット用補助イヤバー(EB-4N
チャンバーフレーム(CFR-1、5個入り)
寸法・質量 W300mm × D200mm × H85 〜 106mm、1.6kg