SR-5C-HT

脳定位固定装置(コモンマーモセット用)

コモンマーモセット専用器ならではの優れた操作性。

長年の実績があるSRシリーズをベースに、コモンマーモセット専用器として確実に脳定位固定ができるように、様々な機能を搭載した脳定位固定装置です。コモンマーモセットの耳に合わせて作製された補助イヤバーは、挟み込みの動作を片手でスムーズに行え、固定時の感触を指先で確かめながら、マーモセットの外耳道を固定することができます。また眼窩(鼻の付け根の両側にある窪み)の押さえも網目状にすることによりマーモセットへのダメージを最小限に抑える工夫がされております。耳孔、眼窩、上顎を固定することで、脳定位固定を確実に行うことができます。マニピュレーターを取り付けるAPバーには、18.7mm角のものを採用し、別売のSM-15R/Lのほかにも色々なアクセサリーを利用する事が可能です。APバーが、1本タイプがSR-5C-HT。APバーが、2本タイプはSR-6C-HTになります。

SR-5C-HT

※マウスも兼用でご使用の際には、別途MA-6Nをご用意ください。

※ラットも兼用でご使用の際には、別途RA-6Nをご用意ください。


SR-5C-HT


脳定位固定装置(コモンマーモセット用)

東京都医学総合研究所の脳アトラスに適した固定を行なえます

コモンマーモセットの脳アトラス 東京都医学総合研究所の脳アトラスを使ううえで、最も使いやすいように設計されています。
東京都医学総合研究所 東京都医学総合研究所
コモンマーモセット脳アトラスのページ

SR-5C-HT


脳定位固定装置(コモンマーモセット用)


取付例


※固定装置用マニピュレーター(SM-15Rなど)は別売となります。

弊社APバーについて

APバーは世界で標準的な18.7mm角を採用しています。 弊社の固定装置用マニピュレーターは18.7mmのAPバーサイズにあわせて作られております。

弊社APバーについて


仕様

付属品 イヤバー(EB-3A
専用補助イヤバー
レンチ
寸法(ベース) W400 × D300 × H110mm
固定装置総質量 8.85kg

※麻酔用マスク(GM-3/GM-4)は取り付けできません。


システム構成図

システム構成図

システム構成図


黒丸は本体および標準付属品。
白丸は取付可能な主なアクセサリー。
二重丸取付アダプターの種類を表します。