SD-102

新製品CE規格に準拠しています記号の説明

固定装置用ドリル

SMMシリーズや、SM-15に搭載可能な小型ドリル

動物の頭蓋骨に穴を開けるための小型ドリルです。動物実験でよく使用される、球体型とストレート型のドリルビッツを付属しています。専用のドリルホルダーは、固定装置用マイクロマニピュレーター(SM-15R/L、SMMシリーズ: SMM-200など)に取付可能で、正確かつ定位的な穴を開けられるようにしました。

SD-102

SM-15 の旧型ネジに取り付ける場合は、別途 SM-15A が必要となります。

※別売のフットスイッチ(SD-102F)を用いれば、ドリルのオン・オフが足元の操作で行えます。


仕様

付属品 ドリルビッツ 球体型: ø0.5mm × 1、ø1mm × 1
ストレート型: ø0.5mm × 1、ø1mm × 1
ドリルホルダー
カーボンブラシ
ラバークレイドル
ヒューズ(2A) × 2
コレットチャック(ø3.0)
Vスパナ
ジョイント軸押さえ板
電源コード
レンチ
消費電力 43W
入力電圧 AC100V ±5%、50/60Hz
出力電圧 DC1 〜 30V
ヒューズ容量 2A
寸法・質量 ドリル W160 × D29mm、250g、接続ケーブル(1.5m)
制御部 W144 × D218 × H116mm、2.5kg